早漏改善の方法|どうしても長持ちさせたい!

MENU

早漏を改善する方法

妻とエッチをするとき、妻は小柄なためか、あそこの締まりも大変きつくて、数日射精をしないでいる状態でエッチをすると、すぐに気持ち良くなり射精をしてしまいます。

 

私が早漏という事に加えて、妻のあそこがきつすぎる事が原因ですが、妻を喜ばしたくて、妻とのエッチのときに、すぐに射精しないように、私が実際に行った、早漏改善方法を記したいと思います。

 

まずは、自分でオナニーをしたとき、射精しそうになったら手を止めて、射精を我慢する。

 

射精までにこれを何度か繰り返します。

 

妻とのエッチの時も、協力をしてもらって、やはり射精しそうになったら、動きを抑えて、射精を我慢する。

 

他にも、妻に、私の陰部をしごいてもらい、射精しそうになったら手を止めてもらい、我慢をする。

 

これらを繰り返しているうちに、耐久力が付いたと言いますか、自分でも簡単には射精しないようになったのを実感できました。

 

また、エッチをする日には、事前に一度、オナニーをして射精をしておくのも効果的です。

 

個人的には、早漏の人は、女性に乗ってもらい、騎上位の体位でエッチすると、正常位よりも、なかなか射精しにくいと思いますので、私はたいてい、妻が上に乗ってエッチをします。

中折れのショックから精力剤サプリで立ち直り

年齢と共に体力は衰え、性欲も弱くなり、精力の減退が顕著になってきます。高齢になると、若い頃のように夜の営みの回数は減り、その事自身は特別問題や悩みの種にはなりません。

 

しかし、回数は少なくても、いざと言う時にはきっちりと女性を満足させる事のできる現役であり続けたいと思うものです。

 

その想いに反して、肝心な時に中折れしたり、もたついている内に終わったり、EDとまでは行かなくても、女性を満足させる事が出来なくなって来ます。

 

これは男性にとってショックであり、大きな悩みです。また、場合によっては駄目になった男性が、女性の悩みや不満になる事も多いものです。

 

精力が比較的強かった私も60歳を過ぎて、ある夜、中折れでできない事を経験しました。女房を相手に、いつかは経験する事だとは思っていましたが、恥ずかしく、ショックでもありました。

 

回数が少なくなっていたものが、更にこの出来事で、自信をなくし女房と接する事が激減しました。しかし、女房は10歳も若く、何とかしないと不満を募らせているだろうと思いました。

 

こうした精力減退には、精力剤サプリが効果的だとネットで調べると、その多さに驚かされるほどです。それ程、男性にとっては悩みの種なのだと改めて感じました。

 

とりあえず、マカを主成分とする有名な会社の精力剤を服用し始めました。最近では、何となく若々しい精気を感じる様になり、性欲も増したように思います。そして、旅先でムードが盛り上がり、久しぶりに女房と夜の営みを試みた時、きっちりと女房を喜ばせ、満足させる事が出来ました。

 

サプリの種類によって効果は様々でしょうが、やはり信じてサプリ服用を始めて良かったと思っています。